SECOND-BASE Blog

ただ感動。

      2017/08/04

こんにちは。

突然ですが、

最近感動した出来事はありますか?

 

私は3つあります。

 

1つは、思いがけないお心遣いです。

久しぶりにお会いした方からやさしい香りの「ハンドクリーム」を頂きました。

それは私の分だけではなく、姉や妹の分も。

きっと私が以前 姉や妹のお話をしたことがあるからだ・・・。

覚えててくれていたなんて・・・。

使い心地もよく、さらさらしている。

全然苦手なやつじゃない。

商品を出したり、工房作業したり、パソコン作業をしたり

動きまくる私の手のことを考えてくれての、と思うと本当にやさしい気持ちになれます。

有り難い。

私もそんな大人で気の付く女性になりたいです。

 

2つめは、とっても細かな線の作品を観たとき。

細密とはまさにこのこと!と興奮も入っていましたが

とても感動しました。

この時代の人が・・・!と「時代ギャップ」を考えて

ひええええ となる感覚が好きです。

結構このシチュエーションは多く、過去の作品を観て

鼻息ふんふんしながらの感動は大きな原動力にも繋がります。

 

3つめは 「講座」のテーマに。

レトロに関するものや洋館などの建物を素人ながらにわくわくしながら追っています。

古かったり管理の関係などで素敵なのに取り壊しが決定したり、

距離があってすぐに行けない場所の建物を検索すると

わ・・・いつの間にかなくなっていたんだ、という事もあり とても切なくなります。

有名な建物は●●●●年●月に・・・と記載されていますが、

予告なし というのもあるのです。

私のバカヤロウ、行こうと思っていたのに・・・、

で 後悔したくないのでやはりその瞬間に小さくても何か行動はすべきだと改めて思うのです。

 

でも、見れたからとか写真が撮りたいからとか そういう問題ではないのではなく

そこにあったものが無くなるということ。

記憶やそれまでの過程だったり、たくさん詰まっていて

そこにいなかった私でさえ想像するのは容易なことで、幸せな気持ちになれるのに。

 

話が少し脱線してしまいました。(笑)

 

とても私たちに近い暮らし、形をしていた住宅である

「昭和のくらし博物館」も大好きな建物のひとつです。

そこで行われる講座があるのですが、

「つくろいもの講座」というのがありました。

おばあちゃんの手が思い浮かびます。

破けたり、穴が開いたりした洋服やお着物など

を丁寧に大切にできる技術。

布の当て方、繕い方、私のしらないことばかりです。

和裁士の先生が教えて下さるみたいです。

技術を学べるというのは本当にありがたい事です。

さらに 気持ちも教えてくれる。

そういう時間をつくれる。

なんてステキなんだ。

私もDIYや色々なお店のイベントを考える身として

さらに大事な気持ちを「講座告知」の段階で教わってしまいました。

簡単だ自分。本当に参加したい。

ですが、あたたかいですね。

そういうことなのだと感動したのでした。

 

スタッフ H
☝輸入家具と照明のお店 SECOND BASE、2016年最後のSALE開催♪

友だち追加数
LINE@「@dqy1710q」
ツイッター 「@SBMB0123」
フェイスブック「Secondbase」
インスタグラム「sbmb0123」

ランキングに参加しています♪
クリック宜しくお願い致します(#^.^#)

⇒本社 スイス漆喰と無垢の家「木もれ陽物語」専門工務店シノスタイル
banner1

⇒セカンドベースの姉妹店 ナチュラル&カントリーのお店「Za’ca/fe」

 - スタッフHのページ