SECOND-BASE Blog

築90年、町と人と寄り添ってきた建物

   

先日、神奈川県川崎市…溝の口にある、その名も『nokutica』へ行って来ました。

この建物は築90年…もともと町の産婦人科だったそうです。

現在は地域のふれあいの場として、コワーキングスペース・レンタルオフィスとして活用されています。

入口へ入ると『二畳喫茶 アベコーヒー』があり、引き立ての豆の香ばしいいい匂いがします。

この日は暑かったのでジンジャーエールを注文…(笑)

IMG_1850

中の4畳ほどのお部屋でゆったり。

常連さんと店員さんの会話がなんともほっこりして、みんなの憩いの場になっているんだなあと感じました。

代表の方がちょうど戻られたタイミングで中の案内をしてもらう事に。

オフィスとコワーキングスペースは会員制で、ギャラリーなどにも使用できるレンタルスペースは30分間単位で借りれるという。

私が気になっていたのはレンタルスペースの大のお部屋(HPで見てほしい、壁がかわいい)だったのですがこの日はちょうど使用されていたので見学が出来なかったのですが、階段や照明や窓などそっちばっかり気になってしまいました。

目がいそがしい。

(照明やアール壁、窓などは当時のまま)

コワーキングスペースの天井の梁が美しく、開放感もあり、これは仕事捗るわ・・・とうらやましくなってしまいました。

古いけれど使いやすく工夫して活用されている。

建物が生き返った、という感覚でしょうか。

落ち着く空間、美しい内装、静かで作業も捗って、ちょっと疲れたらコーヒー飲んで一休み…

サイコウかよ。

勉強になったし、良い場所だなあとしみじみ感じた場所でした。

 - スタッフひかるの独りごと